海外口座を作成してfx取引を始めよう!海外と国内fx業者の違い

fx用海外口座作成の流れを確認しましょう

注目を集めている海外fxの魅力

fxには国内と海外の業者を利用して取引を行うことができます。それぞれに特徴があるので、比較していくので確認してください。

海外fx業者のメリット

no.1

高いレバレッジ

国内のレバレッジは法律によって証拠金の25倍以内までと決められています。ですが、海外fx業者は高いレバレッジを利用することができます。なんとその倍率最高888倍です。1万円の証拠金で888万円もの取引高を運用できます。規制の掛からない海外fxは自由にレバレッジを決めることが可能なのです。

no.2

透明性の高い取引が可能

国内業者では、プライス供給元とトレーダーの間にディーリングデスクという取引の仲介役が存在しています。なので、トレーダーはディーリングデスクと取引していることになり、お互いに利益相反関係ができてしまいます。ですが、海外fxで取引をする時にはディーリングデスクが存在していないので、直接プライス供給元と取引することになります。

no.3

追証がない

常に市場の価格が変動している通貨はいつ価値が暴落してもおかしくありません。もし自分の保有している通貨の価値が暴落すると、口座残高がマイナスになることがあります。そうなった時普通はマイナス分を支払わなければいけません。ですが、海外fx業者にはゼロカットという便利なシステムがあるので、マイナス分をなかったことにしてくれます。

海外口座を作成してfx取引を始めよう!海外と国内fx業者の違い

通貨

利用者は国内fx業者の方が多い

これまでは海外fx業者のメリットを紹介してきました。ですが、まだまだ利用者は国内fx業者の方が多いです。それは、海外fx業者を利用するためには、英語ができないといけないと考えている方が多いためだと思われます。確かに数年前までは、日本語に対応している業者はとても少なかったです。

日本語対応の業者が増えている

年々日本人トレーダーを取り入れようと、日本語対応している海外fx業者が増えています。中には、日本人をサポートセンターに配属して、日本語での問い合わせに完全対応している業者もあります。なので、英語ができなくても外fx業者を利用し始めることは可能になっています。メリットが多い海外fx業者を利用して取引を始めるためには、海外口座が必要になります。ここからは海外口座の作り方を解説していきます。

海外口座作成から取引開始までの流れ

利用する業者選び

初めに利用する業者選びから始まります。多くの取引を行う予定の方は、業者によって手数料や利率が大きく変わるので、慎重に選ばなければいけません。取引に関することがあまり分からない方は、日本語のサポートが手厚い業者を選ぶといいでしょう。自分の利用スタイルに合った業者を選びましょう。

申し込み

利用する業者が決まったら、業者のホームページにある口座開設ページへ行きます。ページにたどり着いたら、必要情報の記入を求められます。氏名や住所、生年月日などの必要情報の入力が完了したら、送信します。

必要書類の提出

必要情報の送信が完了したら、次に必要書類の提出を行います。提出を求められる書類は業者によって微妙に違いますが、大体本人確認書類と住所証明書類です。スマホなどで、写真を撮って提出することができます。

口座開設

必要書類の確認を業者が行ったら、海外口座の作成は完了になります。業者によって必要書類の提出が要らなかったりと手順の違いがあるので、業者の指示を必ず確認しましょう。

取引開始

口座開設が完了したらいよいよ海外fxでの取引が可能になります。トレードの手法などは、国内fx業者を利用した時と基本的なことは変わりません。海外fxのメリットを活用しながらトレードを行いましょう。

広告募集中